From Tokyo, Japan. Web-Developer. Write some codes by Go/Scala And thanks everything around my self.

雑兵MeetUpのCloseと新たなコミュニティ作成のお知らせ

雑兵MeetUpをCloseしたお知らせ

2015年10月から、たくさんの方にLTしていただいた雑兵MeetUpでしたが、2/24(金)に開催した雑兵MeetUp #9 〜転職MeetUp 2nd GIG〜をもちましてCloseと相成りました。会場を貸して頂いていた21cafedots.のみなさん、参加していただいたすべての皆さん、本当にありがとうございました。

 

Closeした理由としては、

 

  • 実際来てくれて喋ってくれる人って「雑兵」と呼ばれるたぐいの人じゃないよね、と言われることが多くなってきた事実。
  • そうなるとより一層そういう傾向が増して、すごくない人達の成長を期待した会なのだけどターゲット層の人たちが来づらくなってるのではという感想。
  • そもそも本当にすごくない人たちは、「喋ってみよう」どころか、「勉強会に行ってみよう」というマインドにならないという感覚。

というようなことが幾つか重なったことが上げられます。いわゆる「初心者勉強会初心者集まらないよね?」アンチパターンですね。妖怪不祥事案件とも言うかもしれません。もうちょっとなんとか出来たのかもしれませんが、多分コンセプトを変更する必要があるのだなということを強く感じたことが今回のCloseに関しては強いです。

 

そして新たなLTコミュニティを作成しました

まだ実際に最初のイベントを直近で行うわけではありませんが、上記を踏まえて新しいLTコミュニティを作成しました。

 

LightningTalkLovers

 

このコミュニティでは以下を解決したいと思っています。

  • 普段LTとかしない・LTとかしたこと無いんだけど何か喋りたい気持ちをどうにかしたい
  • LTチョットデキルんだけど、たまにはしっかり準備する必要がない感じで喋りたい・ちょっと気になることがあるからLTついでに議論してみたいという気持ち

要するに「喋ること」にフォーカスして、(自称)すごい人だろうと(自称)すごくない人だろうと、何か喋りたい事がある人が集まって楽しくおしゃべりしながらキャッキャウフフすれば良いんじゃないですかね!作りますね!!!という気持ちです。

 

例によってテーマを一つに絞らないことで、いろんな話が聞ける場所と言うかたちを取りたいと思っています。

 

現時点でイベント予定はなく、今のところ

  • 集客どういうふうに考えていこうか
  • Slackを作ったけれどどう運用していくか

というようなことを考えています。

 

よろしくお願いします。

 

理解してほしいこと、教えないでほしいこと

エンジニアの妻になってしまった我が妻には感謝している